[最近の記事一覧]



阿蘇市災害ボランティアに行ってきました。

7月11日から14日にかけて九州北部を襲った豪雨によって
被災された阿蘇市へ災害ボランティアに行ってきました。

災害ボランティアなどしたコトもないし、毎日デスクワークで運動不足の私が
被災地に行って何の役に立つだろうかとも思ったけど
大好きな熊本で毎日毎日ボランティアや救援物資を呼びかけている状況で
まずは自分の目で確かめてみるコトが大事だなと思い、行きました。

いろいろ気付いた点があるので、内容ごとに記事にしたいと思います。
まずは一日の流れなどを大まかに。

<7月22日のなみの介のスケジュール>
09:00 受付
 まずは阿蘇市にある旧役犬原小学校に開設されている
 阿蘇市災害ボランティアセンターに行き、受け付けをします。

09:30 オリエンテーション、マッチング
 ある程度人数が集まったら、ボランティア活動の注意事項などを説明
 その後、作業内容を説明し、対応者を決定していきます。

10:30 資材積込、出発
 スコップや土のう袋など必要な資材を貰い、車に積み込む
 ボランティアの車に相乗りして現場に出発

10:30 現場到着、作業
 依頼主立ち会いの元、作業を始める
 30分~1時間ごとに、こまめに休憩を行う

15:30 作業終了
 依頼主に残作業を確認して終了する
 ボランティアセンターにグループ全員で戻る

16:00 資材返却、報告
 借りた資材を返却し、手洗い・うがい・洗浄をする
 一日の報告をして解散


現在の阿蘇市の状況としては、主要な道路はほとんど通れました。
(国道57号線は一部通行止め)
また国道沿いのお店やホテル、コンビニなども元気に営業しています。

しかし、ひとたび道に入ると道路がめくれあがっていたり、
片側通行になっている箇所がありました。
床上浸水された家も数多くあり、テレビで報道された通りの状況がたくさん。
近くの廃校や公園などはガレキや土のうが山のように積まれていました。
熊本市内と天候が異なり、私が行った日も午後から雨が降り出しました。
スポンサーサイト




Comments

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks




















≪暑い夏を乗り切るグッズ特集≫
毎日寝る時は扇風機で過ごしてます…。そこで暑い夏を乗り切るためのグッズをご紹介!