[最近の記事一覧]



阿蘇市災害ボランティア・準備したモノ。

準備をするにあたって、熊本県社会福祉協議会のHPを参考にしました。
【ボランティア活動を行ううえでの注意点について】

まずは地元の社会福祉協議会でボランティア保険に加入しました。
これはボランティア活動の中で事故やケガなどした場合に
補償される保険で280円で加入出来ます。
とにかく安全第一なので、電話したら土日も受け付けているということで行きました。
現地でも加入出来ますが、手間になるので時間があれば先に加入した方がスムーズ。
【熊本県内の社会福祉協議会一覧】

私が準備したモノは以下のとおり。

○持って行ったモノ
・長袖、長ズボン
 ケガをしないためにも長袖・長ズボン。基本的に軽作業でも全身泥だらけになりました。
 あと汗だくになるので汗をしっかり吸う素材が良かったなぁ。簡単に着られる着替えも準備。
・長靴
 柔らかい泥の上を歩くので、ある程度丈が長いやつを。
 釘などを踏む恐れもあるので、頑丈なタイプが欲しいところ。
・厚手のゴム手袋
 スコップを持ったり、泥を手ですくったりするので
 軍手もいいけど濡れたりするから、やはりゴム手が重宝しました。
・マスク
 作業中、塵が舞うので簡易タイプでもいいので用意。
・帽子、日焼け止め
 熱中症対策です。今の日差しに当たり続けても良いことはありませんね…。
・タオル
 とにかく汗がたくさん出るので首に巻く、体を拭くなどに使いました。
 あと相乗りさせて貰った他の方の車を汚さないためにもお尻にも引きました。
・ビニール袋
 洋服や手袋などが泥まみれになるので、それを入れておくための袋。
・カッパ
 今回は使わなかったけど、天候が変わりやすいので一応準備。
・昼食
 現場で購入することが出来ないかもしれないので、ぜひ予め"熊本で"お買い求めください(笑)
 基本的に食べるスペースがないので、おにぎりやパンなど簡単に食べられるモノが良かった。
・飲み物
 500mlペットボトルを2本凍らせたモノをタオルに巻いて持って行きましたが
 夕方まで冷え冷えで飲めました♪でも全部で3本は欲しかったなぁ。
 スポーツドリンクだと体内に吸収しやすく、トイレにも行きにくいのでオススメ。
・塩飴
 熱中症対策に塩分補給。
 基本的に手が汚れてるから、簡単に食べられる飴がお手軽でした。

長靴やカッパ、作業用手袋などはサンコーに買いに行きました。
ボランティアセンター付近のコンビニなどでも買えるようですが
県外から泊まりがけのボランティアさんたちもいらっしゃるので
出来れば自分たちの地元で買った方が良いかなと思います。

私の恰好は普通に長袖カットソーとジャージ。
着替えは面倒だったし、更衣室も二つしかなかったので
ウエストゴムのスカートだったり、長袖の中にしっかりインナーを着て
車の中でババッと着替えられるように準備しました。

ボランティアセンターに寄付されて、無料で頂けるモノもありましたが
車で日帰りが出来る県内の方々は全て予め用意して、
県外から泊まりがけで来て頂いた方々に行き届くように配慮してあげると優しいかと思います。

社会福祉協議会の公用車が被災してしまったため、車が圧倒的に足りないとのこと。
人を多く乗せられる車などで来るとグループで相乗りしやすいです。
特にスコップや土のうを乗せられる軽トラックが不足していました!
泥出し作業が中心の今、小回りがきいてモノが積み込める軽トラが大活躍中です。

また刻々と状況が変わっているので、ひとまずご参考までに。
スポンサーサイト




Comments

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks




















≪バレンタインチョコ特集≫
1月中に用意しておかないと人気のチョコが無くなる~!