[最近の記事一覧]



阿蘇市災害ボランティア・受付&オリエンテーション。

ボランティアセンターに着いたら、まずは受付。
校舎の玄関入ってすぐに受付と書かれたブースがあります。
まずはそこでボランティア登録をします。
記載する内容は名前や住所、車を提供出来るか、ボランティア保険加入状況など。

スタッフは阿蘇市社会福祉協議会の方を中心に
県内の社協や青年会議所などの方々が応援に来られ、
たくさんのボランティアを取りまとめていらっしゃいました。
訓練したとはいえ、初めての災害対応は混乱しますよね。

阿蘇市災害ボランティア・受付&オリエンテーション。
受け付けが終わると、名前の書いた赤いシールを渡されます。
ボランティアセンターから来たとわかるように左腕に付けました。
ただでさえ知らない人が来るのに正体不明だったら不安になりますよね。
阿蘇市のボランティアは、このシールが目印です。

受付の後は、ある程度の人数まとめてオリエンテーションを行います。
この待ち時間が長い!というツイが多いですが、次の工程のマッチングもかなり時間がかかるし
作業をする上での伝達事項をしっかり聞いておくことでスムーズに作業が出来る
と思いますので、焦らずゆっくりやって行きましょー!

阿蘇市災害ボランティア・受付&オリエンテーション。
オリエンテーションでは、こういう紙が配られました。
この紙は災害前に用意されたモノですが、ボランティア活動をしていく中で
クレームや改善点としてあがってきた事項をスタッフさんが口頭にて説明されました。

・トイレは近くの公共施設で済ませる、行き場所を確認しておくこと
・二次災害に巻き込まれたのではないかと心配するので絶対に単独行動は行わない
・もしケガをしたら救護室はあるけど、病院への受診をオススメしています
 (当日受診しないと保険がおりないそう。翌日や数日経って受診してもダメだそうです)
・たばこは敷地外で吸い、ゴミを持ち帰る
・現金が落ちてた場合、家の人に確認し、違う場合はセンターに持ち帰る
 (センターが警察に届けるそうです)

オリエンテーションでは、とにかく無理をせず、
安全に作業してくださいと繰り返し呼びかけてました。
ボランティアさんたちが安全に継続して作業する環境が一番なので
「出来るしこ」を胸にとめておきました。
スポンサーサイト




Comments

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks




















≪バレンタインチョコ特集≫
1月中に用意しておかないと人気のチョコが無くなる~!