[最近の記事一覧]



阿蘇市災害ボランティア・作業内容について(一輪車編)

前回は土のう袋を使った作業でしたが、今回は一輪車を使った作業で
少し内容が違ったので別記事にしたいと思います。

今回、床下浸水とのコトで畳や床は丁寧に剥がして保管してありました。
床下の泥を取り除くのが我々の仕事のようです。

割り当てられた資材はスコップ、テミ、一輪車。
テミとはちりとりのような形をしたモノで
スコップで集めた泥を入れて、外や一輪車に流すもの。
今回は裏庭に泥を捨てるようなので、土のう袋はナシのようでした。

←テミ(楽天より)

今回の割り振りは、スコップで泥を集め、テミに入れる人。
泥でいっぱいになったテミを持って、一輪車に泥を捨てる人。
一輪車で泥を裏庭に持って行って捨てる人。
この3パターンに分かれました。

私は一輪車で運ぶ役に慣れたので、ひたすら一輪車を動かしてました。
最初は一輪車がフラフラになって、まっすぐ走れませんでしたが
どうやらコツというモノがあるようです。

手をまっすぐ下におろして、なるだけ低い位置で一輪車を持つと安定します。
ひじを曲げて腰のあたりで一輪車を持つとかなり力が要りますが
太ももあたりまで低く持つと、あまり力を使わずに進むことが出来ました。
一輪車はいろんな形のモノがあるので、作業しやすい軽い一輪車を使うと良いです。

また一輪車で裏庭に捨てている間にテミにいっぱい泥が溜まるので
持っていく前に代わりの一輪車をセットしておくと
家の中の作業が止まらずに済みます。

一輪車で運ぶ際、段差などがあり、一輪車を持ちあげなければ行けない所がありました。
そういう場合は要らない木材で道を作り、その上を走ると楽々です。
使って良い木材がないかは、お家の人に必ず聞いてください。
スポンサーサイト




Comments

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks




















≪バレンタインチョコ特集≫
1月中に用意しておかないと人気のチョコが無くなる~!