[最近の記事一覧]



阿蘇市災害ボランティアに行ってきました(2012/08/19)

阿蘇市災害ボランティアに行ってきました☆
個人ボランティアは受付終了じゃなかったの?
という声が聞こえてきそうですが、受け付けてもらえました。
その話は最後に。

阿蘇災害ボラセンとなっている旧役犬原小学校では最後の週末でしたが
相変わらず人が少なく、この日は駐車場としている運動場に
車が半分もありませんでした。

今回は古城地区を拠点にボランティアのコーディネートをされている
トムさんたちの所へ派遣されました。
朝8:30から気合の入っているボランティアさんたちは
いつもの顔なじみの方々ばかりだったようで、スムーズにマッチング。
古城地区までセンターのバスで送迎してもらいました。

古城地区の公民館に到着すると、トムさんに連れられて
一軒のおばあちゃん宅に派遣されました。
被災してから一ヶ月も経つのに、今回のニーズはお家の床下の泥出しでした。

おばあちゃんは「最低限、柱が腐らないように
柱の周りだけでも泥を出してくれたらそれで良いから…」とすごく消極的。
それもそのはず、ボランティアの数はかなり減って
次にボランティアに入ってもらえるかもわからない状態で
あれもしてこれもしてとは言えませんよね…。

でもそこはみんな「出来る所までがんばりますよ!」と元気よく答え
中途半端にならないよう各所の作業の進捗を確認しながら作業を進めていきました。

床下の泥出しは大変でした。
高さ30cmほどの床下に潜り、ほふく前進をしながら
日にちが経ってしまった固まった泥を壊す作業から。
バールや木の破片などを使って掘り出し、
溜まった泥を外に掻きだして、家の裏に泥を集めます。

中は身動きが取れず、左手で体を支えて、右手で泥を掘る。
それでもみんな一歩一歩進んでいって、ある程度の泥は取り出せた。
おばあちゃんが「100年以上経ってるお家だから残したくって…」
と嬉しそうにしていて、本当に良かったなぁと思いました。

作業が終わりそうな頃、ちょっと手伝ってくださいと言われた先は
地域の方やボランティアさんに振る舞うかき氷の準備。
暑い中、作業されていたボランティアさんに配ったり
地域の方の家に持って行ったら、大変喜ばれました。
こういった活動も支援になるのだなぁと思いました。

反面、周りを見ると家のすぐそばに折れた電柱が転がっていたり
人の背丈よりも大きな石がゴロゴロ。
家のすぐ側を流れる川も独特の匂いがしているけれど
地域に住んでいる方々はお年寄りばかり。

まだまだやることがいっぱいです。
私だったら逃げ出したくなる現状を地域の方々は必死でがんばっていて
各所から来てくれるボランティアさんたちの力を借りて
少しずつ前を向いていっている状態です。
でもボランティアの受付は縮小傾向です。

阿蘇の社協さんに直接、20日以降の状況を聞いたところ
「内牧にある阿蘇市保健福祉センター内で個人ボランティアの受付を行います。
 ただしニーズの関係上、事前にお電話をされて来てください」とのことでした。
阿蘇市社会福祉協議会:0967-32-1127

社協や阿蘇市のHPでは個人ボランティアは受け付け終了と書いてありますが
ボランティアセンターに行ったら受け付けてくれます。
でも大人の事情で個人ボランティア募集の再開は大々的にはされないでしょう。
【阿蘇市社会福祉協議会HP】

もしかしたら社協でニーズがないと言って断られるかもしれません。
その時は古城地区の公民館で活動しているOPEN JAPANの方を訪ねてください。
やることはたくさんあります!
【トム吉の 災害ボランティアブログ】

あんまり考えを押し付けるコトは好きではないけれど
テレビの報道がなくなった今、まずは現状を知ることが大事で
その中で自分に出来ることをそれぞれ考え、
そして熊本県民からそういった気持ちが
たくさんたくさん集まったらいいなと思います。
もっともっと自分たちが出来ることを考えたいと思います。
スポンサーサイト




Comments

>とっちんさん

いえいえ、私に出来なくてとっちんさんに出来るコトがたくさんあります。
本当は阿蘇の観光地をブログであげるハズだったけど、しばらくは出来ないので
とっちんさんのキレイな写真で阿蘇の観光を盛り上げてください!
たとえ土砂崩れがあったとしても大好きな阿蘇ですもの♪

なみの介さん、ありがとう!!
そしてお疲れ様。m(__)m
自分が情けないです。
何度かボランティアに行こうとしたのに
消防の方の奥さんから、大変な作業の実態を聞いてビビってしまったのが事実です。
この夏、何度か熱中症になりかけたこともあって・・
はい、これはれっきとした言い訳です。
熊本が好き、阿蘇が好き、それだけで即、行動に移せる自分になりたいです。
なみの介さんを見習って!

  • 2012/08/22(Wed) 08:26 
  • URL 
  • とっちん #-
  • [edit]

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks




















≪暑い夏を乗り切るグッズ特集≫
毎日寝る時は扇風機で過ごしてます…。そこで暑い夏を乗り切るためのグッズをご紹介!