[最近の記事一覧]



4/16(土)熊本地震 本震その後編

※熊本地震当日のことについて記載しています
 まだ地震こわいから思い出したくないよーって方は
 「戻る」を押してください





こんなに夜明けが待ち遠しかったのは初日の出以来かなー。
朝が来た!さてどーする?
避難所からは続々と車が出て行く。
水も毛布も配給はないので動ける人は動いたのだろう。

次の問題は雨だ。阿蘇から流れる白川は家の近くを通る。
水害で嫌な思いをしたので昼過ぎからの大雨に備えたいところ。
うーん…

まずはともかくお腹すいた!と全員一致でひとまず車を走らせる。
偶然にも近くのローソンが開いているのを発見!
中はグッチャグチャだけど、お客さんがレジに並んで
店員さんがハンディ使ってお会計してる。
す、すごいぞ!ローソン

という訳で水はなかったのでスポーツ飲料。
おにぎりもパンもなかったので、代わりにチョコパイw
腹の足しになりそうな缶詰などを握りしめ、長い行列に並ぶ。
途中、余震があって行列を諦めようかと思ったけれども
やっぱりお腹が空いたのでがんばって並ぶw

お客さんはホントに文句も言わず、泥棒もせず、ひたすら並び
店員さんがお会計してる間に袋詰め。
これほどまでに日本人が美しいと思ったことはないかもしれない。

お会計を済ませ、お店を出ると護送車にたくさん人が乗った大阪の車を見た。
地震があってすぐに熊本に向かってくれたのだろう。
おらが町を通り過ぎていったので、きっと阿蘇の救援に向かわれたのだろう。

続いて家に向かうと…ちゃんと建ってた!
ご近所の方が家に残ったせいか泥棒は来なかった模様。
昨日家を出る際、少しガス臭かったけどプロパンだったため自動遮断されたみたい。
冷蔵庫のいちごは残念でしたが、電気も切っていたので安心。
水はやはり来ていませんでした。

私の部屋はクローゼットから衣装ケースがすべて飛び出しており
たまたま昨日届いた無印良品の大きなダンボールがガードしてくれて
ケガしなかったようだ。部屋が汚かったことに感謝w
貴重品と当面の洋服などを見繕い、家に残っている食べられそうなモノを運び出す。

同じ県内だがお家の人の実家は電気も水も使えるそうで
大雨も怖いので一時避難することに。
いつもだったら高速で一時間ほどだが、高速は使えない。
どの道が使えるかもわからないため、ひとまず3号線を走ることに。

一見いつもと同じように見える風景だが、
小学校などの避難所にはたくさんの車が止められ
どこも電気が来ていないため、お店など開いていない。

道路は所々沈んでいて、特に橋とのつなぎ目がむき出し状態になっている。
しかしさすがは警察。既に警察官が迂回路を誘導していたり
カラーコーンで危ない場所を囲っていたりしていた。

ここでやっとゴハンを食べる余裕も出てきたので
パン代わりに買ったチョコパイを食べると…すごくおいしい!
今まで食べたモノランキング1位にしたいほどw
大変ありがたく頂きました。

時々起こる余震で何か落ちてるかもしれない、
道がつながっていないかもしれないという思いを抱えながら
下道で5時間かけて無事、到着。

友達のお母さんが用意していてくれた温かいご飯が身に染みた。
昨晩からずーっと眠れずにいた体もやっと興奮状態が解け
少し昼寝をさせてもらった。

それでも未だケータイはブヨブヨと音を立てている。
スポンサーサイト




Comments

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks




















≪バレンタインチョコ特集≫
1月中に用意しておかないと人気のチョコが無くなる~!